Data.png

​分析に必要なデータ前処理を自動化

AIによる分析ではデータの前処理が欠かせまん。

​保有しているデータをそのまま投入しても正しい分析ができないからです。

しかし、データの前処理を行うには専門的知識が必要で、作業に多くの時間が必要です。

DavinCI LABSは下記のような前処理を全て自動で実行。

専門知識が無くても直ぐにデータ分析を開始できます。

カテゴリーデータ処理

各変数を数字なのか、カテゴリーなのか、日付なのか、文字なのかを自動的に判別し、種類に応じた処理を行います。

​後で手動で分類を変更することも可能です。

欠損値処理

欠損している値がある場合、前後のデータから適切な数字を自動的に補い、欠損したデータがないように補完します。

外れ値補正

極端に多いあるいは少ない異常と思われるデータがある場合、数字型変数を適切と思われるものに自動的に変換します。

ワンクリックで欠損値、外れ値の処理、正規化等の前処理を全自動で行います。

データ事前処理の自動化の結果

01.

​数字タイプ、カテゴリタイプ、日付タイプ、テキストタイプなどのデータをタイプ別に自動的に分類します。

02.

最大値、最小値、中央値、平均値、最頻値など様々なデータを表示します。

03.

​ヒストグラム、相関関係、ターゲット平均などのデータの分布を表示します。