AIにできることとは?AIの向き・不向きや活用事例などを解説

更新日:5月10日

AIは近年、私たちの生活に馴染みはじめています。しかし、言葉だけは知っていても「実際にAIで何ができるのか分からない」という方も多いかもしれません。


本記事では、AIができること・できないことを解説し、具体的な活用事例を解説します。ぜひ参考にしてみてください。


【目次】

・AIの概要AIの概要AIができることとはAIができることとは
  - 画像処理
  - 言語処理
  - 音声処理
  - 単純作業
  - 推論
  - システム制御AIにできないことや苦手なこととはAIにできないことや苦手なこととは
  - 人の感情を判断すること
  - クリエイティブな作業
  - ノイズの多いデータを管理することAIのシンギュラリティとはAIのシンギュラリティとはAIの活用事例AIの活用事例
  - 介護ロボットの制御
  - 農業や酪農
  - 商品の検品
  - 医療AIが抱えている課題AIが抱えている課題
  - フレキシブルな対応が難しい
  - 正しいデータが必要
  - 道徳的に動けないまとめ


AIの概要

AIとは「Artificial Intelligence」の略称で、日本語では「人工知能技術」のことを指します。

具体的には人工的に人間の脳に近い知能を作りあげる技術、もしくはその研究そのものを意味し、これまでの機械ではできなかった複雑な作業や判断能力を与えることが可能であることが特徴です。


近年はさまざまなジャンルや技術に特化したAIが発明され、その種類は増加傾向にあります。

現代のAI技術には「できること」「できないこと」が明確にあるため、次にAIができること、できないことを詳しく解説します。


AIができることとは

近年、様々なビジネス領域でAIが導入され、活用の場が広がっています。ここでは、AIができることについて詳しく解説します。


画像処理

画像処理とは、表示された画像を認識するシステムを指します。AIは表示された画像を認識し、その内容を読み取ることができます。形などの特徴を画像から読み取って情報を抽出し、過去のデータと照らし合わせて該当するものを検索して処理が可能です。


一般生活では「Google画像検索」が分かりやすい例として挙げられ、近年は顔認証システムなどにも利用されています。


言語処理

言語処とは、会話に応じて適切な回答をするシステムです。人間が日常的に使用する言語を認識させ、その内容に合わせた処理もAIができることのひとつです。現代ではユーザーとの問答をプログラムして、店舗での接客を行うロボットも増えています。


また、ロボットがクイズを出して、選択肢のなかから人間が回答を話して、正誤を発表するといったゲームも、AIの言語処理技術によって可能となっています。


音声処理

AIにおける音声処理とは、人が発生した言語を認識してテキストにするシステムです。

言葉だけでテキストデータを保存できるため、将来の学習システムへの発展などに期待されています。


現代でも音声処理を使ってプログラムを始動させる「スマートスピーカー」が人気となり、言葉だけで情報検索や家電の操作などが可能です。


<